INFORMATION

【第22号】【「対話」と「会話」の違い】現場力倍増メルマガ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【第22号のテーマ】 「対話」と「会話」の違い

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

21号でコミュニケーションの手段について述べました。

その中で、

「会議では賛成と言いましたが、実は反対なんです」

このようなメールを見たことがある、と書きました。

もう少し詳しく書きます。

その方は会議では「解りました」という顔をし、

議事録確認時も頷いているのに、メールで

「実は反対だった」

と送って来られました。

「場の空気が全員賛成だったので、反対意見を言えなかった」という理由です。

KYという「空気を読む」事も時によっては大切ですが、

会議において空気を読むことはあってはなりません。

しかも、この人はある部門を一任されている責任者でした。

これは「対話が苦手」、「対話では言えない」ことが背景にあります。

コミュニケーションとは「対話」です。

ここで「対話」と「会話」の違いについて触れておきます。

「対話」とは、ある目的や課題、具体的な問題について、

方向性の確認や結論を出すために「話し合う」「意見交換」をすることです。

「会話」とは、コミュニケーションをとること自体が目的であったり、

話す内容が特に限定されていない場合に使われます。

社長が社員に「最近、頑張っているらしいね。ありがとう!」

これは「会話」です。

「最近、頑張っているようだけど、イマイチ結果になっていないようだな。

何に問題があるのかな?」

これは対話です。

上に書いたメールでの「実は反対でした」という事例は

「対話」でも「会話」でもありません。

一方的に「送りつけた」だけです。

このようなメールに「どう返信したらよいですか?」

という相談を受けたときに、次の様に言ったら?

とアドバイスをしました。

「馬〇者!すぐに来い!」

部門責任者ですからね~

事例の発信者は、対話ではうまく伝えられないから、

「要件」を送っています。

ですが、送られた側が「要件」について検討をするより先に

「不快感や不信感」を持つことが解っていません。

そんな状態で、まともに話はできません。

発信者はマイナス感情から対話がスタートする事を知っていないのです。

「相手の立場に立つ」

本当によく聞く言葉ですが、メールの送受信時にも注意したいモノです。

★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★

知人に本メールをご紹介をいただく際には
下記の登録フォームをご利用下さいませ。

メルマガ登録はこちらから

★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★

 

PAGE TOP