INFORMATION

【第373号のテーマ】 脳細胞の数

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【第373号のテーマ】 脳細胞の数

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

記憶力を高めたい、考察力や判断力を高めたい、頭がよくなりたい

と誰もが思うでしょう。

脳細胞の数が増えたら、それが可能になるのでは?

と思い、調べたのですが、残念な結果となりました。

【第345号のテーマ】 三つ子の魂百まで

※バックナンバーはこちら

【第345号のテーマ】 三つ子の魂百まで

で書きましたが、神経細胞は三歳までに80%が形成され、

成人を迎えると徐々に死滅していきます。

大体、1日10万個が死滅すると言われており、

100歳まで生きると80年間で、29億2,000万個も死にます。

これでは脳が機能しなくなると思って、脳細胞の数を調べたところ

大脳で160億個、小脳で690億個、合計860億個あるそうで、

全体の3%程度が無くなることになります。

もし大脳側がより多く死滅すると

知覚、知覚情報の分析・統合、運動神経、記憶、神経の伝導等に

より障がいが多く出そうです。

何となく高齢化による機能低下とリンクしてますね。

努力によって、脳細胞の数を増やすことはできませんが、

減らないようにすることはできます。

脳細胞が大量にダメージを受けるのは脳疾患です。

脳や脳の血管がダメージを受けるような生活をしないことです。

血液がドロドロにならないようにする、

血管が細くならないようにする

などの食生活の改善が重要ですが、

特にタバコとアルコールは大敵です。

タバコは大脳皮質の薄化を進めますので、

認知能力の低下になりますし、血管を収縮させるので

ダメージを受けやすくなります。

この大脳皮質の薄化はタバコを辞めたからと言って

元に戻りません。

辞めるなら今すぐですね。

アルコールは前頭葉を萎縮させます。

5人に1人が認知症となるという統計データもあります。

また、体内のアルコールを排出するのに

神経の栄養剤である「ビタミンB1」を大量に使用します。

タバコを吸いながらのアルコールとなると

認知症への最短コースと言えるでしょう。

あと、過度のダイエットも危険です。

脳の重さは1,400gで体重の2%程度です。

ところが消費する酸素やエネルギーは全体の20%前後になります。

脳の唯一の栄養源はブドウ糖です。

ご飯、パン、麺類などの穀類、いもや澱粉類に含まれます。

バナナにも含まれますし、

倦怠感、疲労感、集中力低下の時には血糖値を上げる

ラムネも良いでしょう。

ラムネは紅茶やコーヒーに少量溶かすと飲みやすく

頭がスッキリします。

一度、お試し下さい。

糖尿病の方は辞めて下さいね。

★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★

知人に本メールをご紹介をいただく際には
下記の登録フォームをご利用下さいませ。

メルマガ登録はこちらから

★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★

PAGE TOP