現場力倍増メルマガ

【第725号】  悪いと良いの使い方

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【第725号】  悪いと良いの使い方

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「悪い」の反対の言葉は何ですか?と聞くと多くの方が

「良い」と答えるでしょう。

悪いとは否定的に評価される様子ですし、良いは肯定的な評価になります。

こういう使い方は間違っていません。

しかしながら、現実は「良い」と「悪い」は対立軸にありません。

常に両立した状態にあります。

コロナワクチンの浸透でコロナの感染者数が減りました。

これは良い評価です。

ところが、コロナワクチンの後遺症が出てきている様です、や

ワクチンのお陰でコロナから変異株が生まれてきた様です、は

悪い評価です。

これらは、反対軸にありません。

両立している状況にあります。

低迷した売上も徐々に回復しています

早期癌を発見し、治療を行ったので、助かるでしょう

救急外来に運び込まれたときは、どうなるかと思いましたが、

今はICUに移り、山は越えたと思います。

これらは良い評価ですが、余談は許せない状況にあります。

悪いも良いも現在の状況を示した時は、反対軸にありますが、

現実は上記の様に

悪い現在の状況から、良い方向に向かっている

または

良い現在の状況から、悪い方向に向かっている

という「変化の方向」を示す使い方をされることが多い

ことを知っておきましょう。

会議での報告時の言葉の選び方も慎重になるべきです。

☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆

メルマガ登録をよろしくお願いいたします。
メルマガ登録はこちらから

また、知人に本メールをご紹介をいただく際には
下記アドレスをご案内下さいませ。
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=afspwg

メルマガバックナンバー一覧はこちら
https://km.kando-m.jp/news/

★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆

PAGE TOP