INFORMATION

【第208号のテーマ】 すりこぎの様な人生

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【第208号のテーマ】 すりこぎの様な人生

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は曹洞宗ですので、本山は北陸の永平寺になります。

永平寺には巨大なすりこぎが掲げてあります。

これは曹洞宗の開祖である、道元禅師の

身を削り、人に尽くさんすりこぎのその味知れる人ぞ尊し

という言葉をあらわしているのだと思います。

利他の心をすりこぎに例えて説かれています。

今回のコロナ災禍において、公共のために身を粉にして

頑張ってこられた方々のことが、共存が進んで行くと

忘れがちになると思います。

阪神大震災、311、自然災害、そしてコロナ災禍の際に

自分以外の人間の幸せを優先して生きている人々がいらしたこと

決して忘れません。

★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★

知人に本メールをご紹介をいただく際には
下記の登録フォームをご利用下さいませ。

メルマガ登録はこちらから

★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★

PAGE TOP