INFORMATION

メルマガ 第6号 【失注したことに感謝する】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【第6号のテーマ】 失注したことに感謝する

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

失注すると悲しいし、受注すると嬉しい。

当たり前のことです。

でも、それで終わらないで欲しいです。

「失注」して落ち込む人がいますが、失注は次に向けての成長の機会です。

なぜ、失注となったのか?

もう一度、同じ機会があれば、どこを改善するか?

よく、「ライバルの価格に負けました」という声を聞きますが、

ライバルの価格を本当に確認し、自社がどうやっても届かない

価格だったのでしょうか?

同じ業界で全く届かない価格差があるというのは、

ライバル云々の前に、自社に問題があるのかも知れません。

このように、「失注」には成長や改善要素があります。

失注時こそ、深く要因を分析し、感謝したいモノです。

「受注」して喜んでいると、納品後にクレームとなることがあります。

受注の油断です。

新規・既存に関係なく、感謝の機会を戴いたと考えるべきなのに、

営業のプロセスで言う「一旦のゴール」と捉えた場合に起こりちです。

ご用命を戴いたことに感謝し、ここからがスタートと考えることで

生涯のお客様となっていただけます。

「失注」と「受注」

共にいろんな事が学べます。

営業の現場で部下を成長させる重要な機会と言えます。

★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★

知人に本メールをご紹介をいただく際には
下記の登録フォームをご利用下さいませ。

メルマガ登録はこちらから

★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★

PAGE TOP