INFORMATION

メルマガ 第8号 【問題意識と当事者意識】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【第8号のテーマ】 問題意識と当事者意識

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ある顧問先の若手社員の日報です。

単に人手、知識が足りないから納期に追われているのか、

それとも受注の段階で納期がおかしいのか、

考えてもらわないと残業が減る事はないと思います。

早出する人もまた考え直す必要もあるんじゃないかと

思います。

問題提起されています。

すなわち問題意識があるということです。

ですが、この日報に上司がコメントをしていません。

ということは、この問題提起は埋没します。

せっかくの問題提起が勿体ないです。

では、どうすれば良いのでしょうか?

問題意識を当事者意識に変えることです。

私は下記の様にコメントしました。

「考えてもらう?」

「考え直す必要があるんじゃないかと思います」

こういう気付きは自分で形にしませんか?

このままでは人任せです。

自分の作業時間は人生の一部です。

自分の人生として考えたら、人任せにはできないはず。

〇〇さん自身が「考えて貰う」中に入って、一緒に考えないとだめです。

せっかくの気付きをそのままにしたら、本当に勿体ないです。

明日のメルマガで、「人生と時間」について考えたいと思います。

★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★

知人に本メールをご紹介をいただく際には
下記の登録フォームをご利用下さいませ。

メルマガ登録はこちらから

★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★

PAGE TOP