INFORMATION

【第19号】【薄紙を重ねるがごとく継続する】現場力倍増メルマガ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【第19号のテーマ】 薄紙を重ねるがごとく継続する

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

下の数字は自動車メーカーの利益を販売台数で割った

1台あたりの利益ランキングです。

ポルシェ…215万円

BMW…110万円

メルセデス・ベンツ…110万円

アウディ…110万円

ボルボ…50万円

ランボルギーニ…52万円

トヨタ…26万円

フォルクスワーゲン…12万円

三菱…12万円

ジャガー・ランドローバー…10万円

日産…7万円

ホンダ…5万円

ベントレー…▲210万円

ドイツ御三家が横並びの110万円ですが、

ポルシェはそれを大きく引き離していますね。

でも、よく見て下さい。

あるイタリアのメーカーが抜けています。

フィアットでもアルファロメオでもありませんよ。

フェラーリです。

実は、フェラーリは1台あたり「900万円!」の利益が出ています。

これは車両価格3,000万円の内、900万円が利益という訳ではありません。

フェラーリは時々、限定車を発売します。

それが1台4億円だったりします。

これが200台売れると800億円になります。

フェラーリ社の売上が約4,300億円ですから、たった1台の高収益車で

20%近い売上の構成比を占めることになります。

総販売数は約9,300台ですから、

生産台数「たった」2%の車が売上の20%を占めます!

これこそが中小企業の生き残り戦略では無いでしょうか?

フェラーリは中小企業では無いだろう!

という声が聞こえそうですが、スバルの年間販売台数が100万台です。

それの実に1/100です。

中小どころか、零細企業と言えるでしょう。

でも上に書きました様に、1台あたり利益額はトヨタの35倍です。

では一般企業が4億円の製品を即日完売というフェラーリの真似ができるでしょうか?

難しいでしょう。

フェラーリにそれができるのは、「ただならぬ魅力」があるからです。

それは「F1」をはじめとしたレース活動の積み上げです。

70年近いF1の歴史において、コンストラクターズとして

976回の出場回数があります。

ちなみにここ数年調子の良いメルセデスは195回、

トヨタは139回、ホンダは88回。

オイルショックもリーマンショックもフェラーリだって

影響を受けています。

ですが、世界最高峰で最もお金の掛かるスポーツ行事を

70年間休まず「薄紙を重ねるがごとく継続した」企業努力と

その結果に対する市場の評価が、1台あたりの利益額となっています。

因みに、フェラーリの企業理念は下記になります。

「優良なイタリアのデザインと職人の技で、

どこを走ってもユニークなスポーツカーを造る。」

★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★

知人に本メールをご紹介をいただく際には
下記の登録フォームをご利用下さいませ。

メルマガ登録はこちらから

★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★

 

PAGE TOP