INFORMATION

【第206号のテーマ】 サービスに完全を期す

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【第206号のテーマ】 サービスに完全を期す

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回も松下幸之助氏ネタです。

この一節が私は大好きな教えです。

*********************************************************************************

仕事を減らしてでもサービスに完全を期す

今かりに五つなら五つの仕事をしているとします。

その五つの仕事をしていて、

五つが五つとも十分なサービスができているのであれば,

それはそれでいいと思います。

けれども、それだけの力がないということでしたら、

あえてそれを三つに減らして、

そして仕事もサービスも完全を期するということも

時に必要ではないかと思うのです。

そうしなくては、需要家に対して、ほんとうに生産者、販売業者としての

責任を全うすることができないわけです。

(昭和49年7月 経営心得帖)

*********************************************************************************

私は「選択と集中」という言葉をよく使います。

得意なモノを見つけて、それを磨き上げる

あれこれ中途半端にせずに、取り組むことを絞り、それを徹底する

この考えは幸之助氏の上記の教えからの学びです。

人ができることには限りがあります。

あれもこれもと欲張らず、

これと決めたことを徹底して掘り下げる。

ヒット商品が生まれないのは、ヒット商品にするまでの粘りが足らないことがあります。

小売業時代に、商品を売る前に、市場を育てろ!

と良く言われました。

市場を育てるには時間がかかります。

ヒット商品はそうは簡単には生まれないよ、我慢が必要

ということだったのでしょう。

 

★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★

知人に本メールをご紹介をいただく際には
下記の登録フォームをご利用下さいませ。

メルマガ登録はこちらから

★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★

PAGE TOP