INFORMATION

【第24号】【相手や部下の行動を変える方法】現場力倍増メルマガ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【第24号のテーマ】 相手や部下の行動を変える方法

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

会議で決めたことが実行されていないことを追求すると

「〇〇さんには言ったんですけどね~」

「朝礼で伝えました!」

というような返答が返ってくることがあります。

私はちゃんと伝えたのに、やらない〇〇さんやみんなが悪い!

と言っているように聞こえます。

伝えれば、皆が行動してくれる!

とでも思っているのでしょうか?

「伝える」と「伝わる」の違いの話は本当に良く耳にしますが、

なかなか難しいです。

「何故、伝わらないのでしょう?」

相手に伝わるように話をしていないからです。

「伝える」とは主語は自分です。

自分目線で話すと相手に自分の伝えたい事が

伝わらないことがよくあります。

朝礼で一方的に話す、部下に マシンガンのように指示をするときなど。

また、留守電に入れておきました。

メールで送っておきました。

これらで「伝わった」と勘違いされている人も多いです。

「伝わる」とは、主語は相手になります。

自分の伝えたい事がきちんと相手に伝わっている状態の事です。

「通じ合っている」状態です。

自分の話す内容を相手目線で整理して話す。

そうするとこの結果になることが多いです。

すなわち、コミュニケーションとは「伝える」ではなく「伝わる」こと。

伝われば、相手の行動が変わります。

行動が変わって、初めて「伝わった」となります。

ということは「行動が変わる」まで言い続けることが「伝える」です。

 

 

★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★

知人に本メールをご紹介をいただく際には
下記の登録フォームをご利用下さいませ。

メルマガ登録はこちらから

★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★

PAGE TOP