INFORMATION

【第259号のテーマ】 人間の心の動きをつかむ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【第259号のテーマ】 人間の心の動きをつかむ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回は松下幸之助氏ネタです。

***********************************************************

人間の心の動きをつかむ

人間の心というものは非常に変化性がある。

今は非常に愉快に笑っているかと思うと、

またつぎの瞬間に悲観するようなことが起こってくればそうなる。

それほど変化性がありますからね。

そういう人間の心の動きの自主性というものを、

経営者といいますか、皆さんのように指導的な立場に立つ人は、

よほどつかまねばいかんと思います。

(昭和36年8月7日 松下電器幹部社員への講話))

***********************************************************

サラリーマンだった頃、部下の心の動きよりも

自分の責務のことに重きを置いていたので、

部下の心の動きにはあまり配慮できませんでした。

独立し、社員を抱えても同じで

会社経営の責務に重きを置くために

社員の心の動きにあまり配慮できていません。

ところが、コンサルタントとして、経営者の参謀的立ち場で

その会社の社員さん達を見ると

経営者とは違った視点で、心の動きが見えてきます。

当事者では、責務が先に見える故にそこに焦点が合います。

ですが、コンサルタントになると俯瞰や鳥瞰で企業を見ますので

一点に焦点が合うことが無く、全体が見えます。

故に、社員さんの心の動きも見えやすくなります。

社員や部下の心の動きが見えにくいときには

視点を変えることです。

そのためには、見る位置とも言える

視座

を変えることも重要です。

★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★

知人に本メールをご紹介をいただく際には
下記の登録フォームをご利用下さいませ。

メルマガ登録はこちらから

★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★

PAGE TOP