INFORMATION

【第342号のテーマ】 フィードフォワード

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【第342号のテーマ】 フィードフォワード

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日のメルマガは松下幸之助氏の「部下を自分より偉いと思う」と

「長所を見て使う」を紹介しました。

短所を見るから、自分が上のように思ってしまいがちですが、

部下育成は長所だけ見てもできないこともあります。

その時には「フィードフォワード」という考え方をしてみましょう。

フィードフォワードとはフィードバックの反対の意味を持つ言葉で、

変えることができない過去よりも、自分の未来をどうしたいのか、

これから自分がどう変わりたいのかを中心に話します。

私たちの言動には、自分では気付くことができない改善点が多数ありますが、

それを人から指摘されると「自分は正しい」と自己を正当化したり、

フィードバックをくれた人に対して負の感情を抱いたりしてしまいます。

それを避けるためにこの考え方は効果的です。

「フィードバック」

過去形で、過去にどうしたかを振り返ります。

必然的に誤りや欠点を話すことになり、

優位に立つ人が「上から」指摘することが多いです。

とかく、その人固有の問題になりがちで

苦痛やモチベーションダウンに繋がりやすいです。

「フィードフォワード」

未来形で、将来実践できるアイデアを出します。

過去の反省よりも、課題の解決策に重点を当てます。

職場の仲間として相互支援が基本となり、

その人の個性をチームに活かすことを考えます。

そのため、その人を認めることになり、モチベーションアップとなります。

如何でしょうか?

ご自身がどちらで対応して貰いたいかを考えると

「フィードフォワード」一択ですよね!

★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★

知人に本メールをご紹介をいただく際には
下記の登録フォームをご利用下さいませ。

メルマガ登録はこちらから

★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★

PAGE TOP