INFORMATION

【第371号のテーマ】 評価の針

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【第371号のテーマ】 評価の針

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

得意先、上司、同僚、部下などいろんな人から評価されます。

皆さんを評価する針は「マイナス側」にありますか?

それとも「プラス側」ですか?

評価する人によって「プラスになったりマイナスになったり」変わる人もいれば

常に「マイナス」、常に「プラス」な人もいらっしゃるでしょう。

「マイナス」は使えない、任せられない。

「プラスマイナスのどちらか」は使えたり、使えなかったり、不安定。

「プラス」は安定。

安定ということは、常に助かる、頼りになるということです。

この差はいつ、どうやって生まれたのでしょうか?

学生時代の偏差値で決まった訳ではありません。

仕事の経験だけで決まった訳でもありません。

違いは「生き方」で生まれたと思います。

いつも自分を律し、易きに流されない。

常に目標を持ち、それに挑戦している。

昨日の自分を1ミリでも超えるべく、自分を磨いている。

忍耐強く、簡単に諦めず、やり続ける。

何事にも誰にも誠実で正直である。

このような「生き方」が評価を決めているはずです。

★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★

知人に本メールをご紹介をいただく際には
下記の登録フォームをご利用下さいませ。

メルマガ登録はこちらから

★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★

PAGE TOP