現場力倍増メルマガ

【第418号】 常に己の魂の至誠を製品にこめていらっしゃいますか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【第418号】 常に己の魂の至誠を製品にこめていらっしゃいますか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

またもや松下幸之助氏ネタです。

*******************************************************************

つくった製品に強い関心をもつ

私たちは、自分達の手がけたものが

世上でどのように扱われているか、

強い関心をもたねばならないと思う。

私が昔、直接生産に従事していたとき、

新しい品物を代理店へ持参してみせると、

「松下さん、これは苦心された品ですね」

と言われたことがある。

こう言われとき、

自分は無料で進呈したいと思ったほどうれしかった。

これは高く売れて儲かるという欲望的意識でなくて、

よくも数ヶ月の労苦を認めてくれたという

純粋な感激だったのである。

この感激は、常に己の魂の至誠を製品にこめる者のみが

味わいうるものであり、

この喜びに全社員がひたるときにこそ、

わが松下電器が真に生産報国の実をあげ、

確固たる社会信用を獲得することができるのである。

(昭和21年1月15日・松下電器経営計画発表会)

※至誠とはこの上なく誠実なこと。まごころのことです。

*******************************************************************

太平洋戦争終戦から5ヶ月後の経営計画発表会での氏の言葉です。

生産報国

という言葉が出てきます。

この言葉はネットで検索しても出てきません。

報国とは、

国のためにつくして、国の恩に報いる

という意味です。

現代において、納税という義務とは別に

報国のための生産をしているメーカー、製造業はどれだけあるでしょうか?

公共インフラ、自衛隊関連であれば、そのように思われているかも知れません。

では、私たちは何のために「生産」をしているのでしょう?

会社の売上、その結果の昇給や賞与?

そうであれば、氏の言われる「感激」は得られないでしょう。

氏は感激は

常に己の魂の至誠を製品にこめる者のみが、味わいうるものである

と言われています。

本メルマガをお読みの製造業の皆様、

皆様は、常に己の魂の至誠を製品にこめていらっしゃいますか?

そして感激されていますか?

☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆

メルマガ登録をよろしくお願いいたします。
メルマガ登録はこちらから

また、知人に本メールをご紹介をいただく際には
下記アドレスをご案内下さいませ。
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=afspwg

メルマガバックナンバー一覧はこちら
https://km.kando-m.jp/news/

★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆

PAGE TOP