現場力倍増メルマガ

【第564号】 経営者の意思決定

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【第564号】 経営者の意思決定

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

会議の席で多数決で決める場面に出くわすことがあります。

ビックリします。

会議は何らかの成果を出すために目標や手法を討議する場です。

満場一致である必要はありません。

賛成意見が多い方が採択する必要もありません。

対立がある方がアイデアが複数あることになりますし、

当事者として深く考えているということになります。

良い決定をするために複数の案の中から、メリット・デメリットを考え

選択をしていくことが会議です。

その選択した案が正しいとは限りません。

もっともそれが良さそうだ、というベター案です。

それをさらにベストの案にするために討議を重ねます。

その結果、これしかないという案になります。

そうやって生み出した案だからこそ、

実行すべき価値があり、成果も出ます。

多数決では、そのような案には育ちません。

本メルマガのタイトルは「経営者の意思決定」ですから、

この先はそこに触れます。

経営者は自分以外の全員が反対であっても、自説を選択する場面があります。

例えば、

従業員に賞与を払わなくてもその原資を投資に回すべき、と判断する。

売上が落ちていてもあえて人を採用する。

退職で人が減っていても新事業へ挑戦する。

これらはメリット・デメリットの天秤がデメリットに傾いているかも知れません。

しかしながら、あえて「今、必要」という意思決定をすることがあります。

従業員の意見は従業員の立場での意見です。

それはそれで重要ですが、経営者としての意思決定は

経営者だけができる大きな大きな責任ある行為です。

その責任を取らない経営者が従業員の声に流されます。

☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆

メルマガ登録をよろしくお願いいたします。
<a href=”https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=afspwg” target=”_blank” rel=”noopener”>メルマガ登録はこちらから</a>

また、知人に本メールをご紹介をいただく際には
下記アドレスをご案内下さいませ。
<a href=”https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=afspwg” target=”_blank” rel=”noopener”>https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=afspwg</a>

メルマガバックナンバー一覧はこちら
<a href=”https://km.kando-m.jp/news/” target=”_blank” rel=”noopener”>https://km.kando-m.jp/news/</a>

★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆

<a href=”https://km.kando-m.jp/wakate/” target=”_blank” rel=”noopener”><img class=”size-medium wp-image-3288 alignleft” src=”https://km.kando-m.jp/wp-content/uploads/2021/04/wakate-1-300×98.png” alt=”” width=”300″ height=”98″ /></a><a href=”https://km.kando-m.jp/kanbu/” target=”_blank” rel=”noopener”><img class=”size-medium wp-image-3270 alignleft” src=”https://km.kando-m.jp/wp-content/uploads/2021/04/corona-300×98.png” alt=”” width=”300″ height=”98″ /></a>

 

 

PAGE TOP