現場力倍増メルマガ

【第58号】【受け取ると受け入れるの違い】現場力倍増メルマガ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【第58号のテーマ】 受け取ると受け入れるの違い

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

57号で否定や反対意見を言われたら

「そういう考え方もあったか~。なるほど。ありがとう」

そんな気持ちで受け取りましょう、と書きました。

今回は「受け止める」と「受け入れる」の違いについて触れてみます。

「カチン!」と来たら、その後は

なかなか、素直に受け入れられないものです。

仮に自身にとってプラスになる事であっても、難しいものです。

だから「カチン!」と来たらダメなんです。「損」なんです。

「買う人いないと思うよ~」と言われたら、

「そうかぁ~、いないのか・・・」

と素直に「受け止める」ことです。

先ほど「受け入れる」と書きました。

今は「受け止める」と書きました。

「受け止める」と「受け入れる」は違います。

この2つを混同してしまうと、

強い葛藤が生まれ、抵抗や反発が生まれることがあります。

「受け入れる」とは、相手に同意し、相手の言うこと、

提案に頷いたり、飲み込むことになります。

素直に「受け入れる」ことができれば、何の問題もありません。

ですが、「受け入れなくては」と思ってしまうと、

相手と意見や考えが違う場合、強制を感じ、抵抗したくなります。

不愉快な気分となることもあります。

しかし、受け入れなくても「受け止める」に留めるだけで

コミュニケーションを円滑にできることは少なくありません。

「受け止める」とは、相手が伝えようとしていることについて

理解を示すことで同意することではありません。

反対意見が出たときに「受け止める」ことは、難しくありません。

「耳を傾けてみよう」と思えば良いのです。

難しく感じるのは「受け入れよう」とするからです。

頭が反対しているのです。

この使い分けが少しできるようになりました。

随分、楽になったと思います。

★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★

知人に本メールをご紹介をいただく際には
下記の登録フォームをご利用下さいませ。

メルマガ登録はこちらから

★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★

 

PAGE TOP