現場力倍増メルマガ

【第588号】 お礼状

・・・・・・・・・・・・・・・

【第588号】 お礼状

・・・・・・・・・・・・・・・

かつての日本では、お世話になったらお礼状をしたためるか、

お土産持参で御礼に伺ったものです。

通信手段が、手紙から電話へ変わり、更に今ではメールとなりました。

業務も含めて日常の連絡は大変便利になりましたが、

礼状をしたためる場面や御礼に伺う場面までを

電話やメールという便利な手段を使う人が多いように感じます。

お世話になったら、御礼を言うべきです。

その手段として訪問が一番ですが、相手先様のご都合もあるので、

お礼状でご容赦願おう・・・、

このように人様優先で手段を選ぶべきです。

それを自己都合で選ぶべきではありません。

感謝とはかけがえのないものです。

感謝をないがしろにする人に神様は微笑んでくれないでしょう。

多くの書簡が歴史的資料として資料館等に残っています。

その中に多数のお礼状があります。

昔の人は書簡しか手段が無かったということはありますが

今の時代が完全に過去の物となったときに

未来の人は「平成」「令和」の時代はお礼状があまりない

冷たく、寂しい時代だったと思わないでしょうか?

心配です。

2022年はたくさんのお礼状を書けるように過ごします。

 

☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆

メルマガ登録をよろしくお願いいたします。
メルマガ登録はこちらから

また、知人に本メールをご紹介をいただく際には
下記アドレスをご案内下さいませ。
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=afspwg

メルマガバックナンバー一覧はこちら
https://km.kando-m.jp/news/

★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆

PAGE TOP