現場力倍増メルマガ

【第598号】 立場が変われば見方も変わる

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【第598号】 立場が変われば見方も変わる

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

高速道路を80kmで走っている横を120キロくらいで抜かれる

「危ないな!」

とビックリすると同時に思ってしまいます。

通勤時に車と車の間をすり抜けるバイクに

「危な~!」

と思ってしまいます。

逆に急いでいるときは自分が120キロで走ることがあります。

バイクに乗っているときも路肩をバンバンすり抜けていました。

どちらも経験したことがあるからこそ、両方の立場がわかります。

片方しか経験していないともう一方の立場のことはわかりません。

サラリーマンから起業した人はサラリーマンの立場も

ベンチャーの立場もわかります。

二代目として最初から自社で働いている後継者は

サラリーマンもベンチャーの気持ちも解りません。

ともに代表取締役ですが、生いたちが違います。

人は対人という相関関係の中で生きています。

一方の立場しか経験したことがない人は、

偏ったものの見方や考え方になりがちになり、この相関関係の中で

相手の気持ちや考え方に理解が及ばないことが多々あります。

いろんな立場を経験することが良いのですが、

そうもできないことが多いでしょう。

であれば、

立場が変われば見方も変わる

という認識を十分にしておけば、相手を慮る(おもんばかる)ことができます。

相手が経験していないことを自分が経験しているからと

ただ押し付けるだけでは、相手の心には届きません。

十分に丁寧に説明をすることで

「疑似体験」に近い状態にしてあげることが大切です。

☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆

メルマガ登録をよろしくお願いいたします。
メルマガ登録はこちらから

また、知人に本メールをご紹介をいただく際には
下記アドレスをご案内下さいませ。
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=afspwg

メルマガバックナンバー一覧はこちら
https://km.kando-m.jp/news/

★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆

PAGE TOP