現場力倍増メルマガ

【第644号】  知情意の優先順位

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【第644号】  知情意の優先順位

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

知情意という言葉をご存知でしょうか?

知は知恵、知識、知性

情は情緒、情け、感情

意は意識、意思

です。

岡山のサンクリニックさん(産科、婦人科、小児科)の

院長 山縣威日先生のご著書「大丈夫子どもは育つ」に

以下の様なことが書かれています。

****************************************************************

子育てとは赤ちゃんを心を持った人間に育てること

人としての基礎である「知情意」は円満な人格の発達に欠くことが出来ません。

子育てとは「知情意」豊な人に育むことです。

特に人間は他の動物に比べ育てられる要素が高い。

故に、子育ては長い長い時間をかけて行うことになります。

言い換えると、子育ては産まれた時には全てが未熟な赤ちゃんを

心を持った人間に時間をかけて育てること、と言えるでしょう。

一人前の人間のことを知情意が揃った人と言います。

情はなさけとも読み、こころのもっとも深い部分を示す言葉です。

人間は過去や未来をまるで目の前にあるかのごとく、

思い出し、想像することができます。

愛や幸せ、信頼、友情、家族の絆など大切にしたいものは全て、

目に見えたり手で触れたりすることはできません。

このように感じて、腑に落ちるように分かる力を情と言いいます。

****************************************************************

如何でしたか?

「知情意」の中でも情がもっとも大切と言われています。

ノーベル賞を受賞した湯川秀樹氏、朝永振一郎氏の恩師である

明治の数学者 岡潔氏はご著書「紫の火花」で次の様に言われています。

****************************************************************

生理的な構造の仮説からいうと、

知が一番浅く、意、情の順になっている。

知性の中心は大脳皮質だが「情緒の中心」というものがあって、

そこがそんなに強い影響力を身体全体に及ぼしているとすれば、

何ごとにもよらず、そこまで深く考え込まないと、

その考えは浅いということになる。

その位置は、大脳皮質を出はなれた、

コミカミの深さだというのである。

****************************************************************

仕事をしていると考えることがたくさんあります。

山縣先生のお言葉からは、

知情意の揃った人、すなわちバランスの取れた人に考えさせなさい

と読み取ることができます。

岡潔氏は

何ごとにもよらず、知性だけでなく、情緒も使って深く考えなさい

と言われています。

誰がどんな風に考えたら良いか、をお二人から学べます。

追記

サンクリニックさんのホームページは https://sunclinic.org/

ホームページ制作の依頼を受けた際に、先生のご著書の全てを読みました。

その際に覚書として残していた物からの引用となりますが

箇条書き的にメモに残しているので、上記の引用は一部抜粋し、

伝わりやすくするために、元の文章を多少加工しています。

ご理解の程、よろしくお願いいたします。

☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆

メルマガ登録をよろしくお願いいたします。
メルマガ登録はこちらから

また、知人に本メールをご紹介をいただく際には
下記アドレスをご案内下さいませ。
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=afspwg

メルマガバックナンバー一覧はこちら
https://km.kando-m.jp/news/

★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆

PAGE TOP