現場力倍増メルマガ

【第728号】  自分なりの根本原理にする~孔子~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【第728号】  自分なりの根本原理にする~孔子~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

吉田松陰先生も渋沢栄一翁も「四書五経」に書いてあることを

よく引用されています。

※四書五経とは儒教の経書(重要とされる経典)の中で

特に重要とされる四書と五経の総称で、

四書は「論語」「大学」「中庸」「孟子」

五経は「易経」「書経」「詩経」「礼記」「春秋」のことです。

私は、論語の現代語訳を少々読んでいる程度です(^^;

正直に申しますと、読んでもいないのに恥ずかしいですが、

すべてを読む必要を感じません。

孔子の教えを弟子がまとめた「論語」をしっかり読めば良い、と

決めています(=読まない言い訳にしています)。

そんな私に孔子自身が「それで良い」と言われています。

※解説の→からお読み下さい。

*********************************************************************

子曰、賜也、女以予爲多學而識之者與、

對曰、然、非與、曰、非也、予一以貫之、

子の曰わく、賜や、女(なんじ)予(わ)れを以て

多く学びてこれを識(し)る者と為すか。

対(こた)えて曰わく、然り。非なるか。

曰わく、非なり。予れは一(いつ)以てこれを貫く。

→孔子の弟子の賜(本メルマガで何度も出てくる子貢のことです)

先生がおっしゃった。

「賜や、お前は私が多くを学んで、それをいちいち記憶している者と思っているかね」

答えて言った。

「そう思っています。違うのですか」

先生がおっしゃった。

「違う。私はすべてを貫く一つの根本の原理に沿って、

個々の事例に対処しているに過ぎない。

いちいち細かい知識や個々の事例を記憶しているのではない」

*********************************************************************

孔子は、「自分なりの価値基準、すなわち物差しを一つ持てば良い」

と言われています。

コンサルタントになり初めの頃は、たくさんの書物を読みあさり、

勉強になる会社があれば、西や東へ見学に行きました。

たくさんの講演も聴きに行きました。

しかしながら、最近は積み重ねた上にできた「根本原理」を

アップデートさせることはしても、新たな原理を得ようとしていません。

刀鍛冶で喩えるなら、試行錯誤して作り上げた「一本の刀」を

研ぐことはしても、新たな一本を作ろうとしない、と言えます。

この根本原理に包まれた私が「自分」であると思います。

「自分」でないものは、人に届きません。相手にされません。

自分の経験と感覚を自分だけのものにする。

これが「自分なりの根本原理」と言えるでしょう。

☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆

メルマガ登録をよろしくお願いいたします。
メルマガ登録はこちらから

また、知人に本メールをご紹介をいただく際には
下記アドレスをご案内下さいませ。
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=afspwg

メルマガバックナンバー一覧はこちら
https://km.kando-m.jp/news/

★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆

PAGE TOP