INFORMATION

【第85号】【1分でわかるドラッガーのマーケティング】現場力倍増メルマガ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【第85号のテーマ】 1分でわかるドラッガーのマーケティング

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ドラッガーは「真のマーケティング」とは顧客のニーズを満たすこと、

と言っています。

違う言い方をすると

顧客のニーズを知り、事業を通して、満足を提供する

となります。

日本経済が成長していた時代=作れば売れる時代のマーケティングは

工場が生産したモノを「販売」することでした。

販売とはまず商品があり、それが売れる市場を探すという発想です。

販売チャネルや販売先の開拓、整備が営業部隊の主となる仕事でした。

ところが、モノが溢れる今の時代のマーケティングは違います。

顧客は何が買いたいのか?

ここからスタートします。

この際、注意すべきは「何が」は「モノ(商品名)」ではありません。

それを手にすることで、自分の生活がどう

「よくなるのか(どんなことが起こるのか)」

が重要です。

自分たちが売る側に立って考えると誤った行動となるでしょう。

・何が売れているかを調べる

・何を売りたいかで考える

・どうすれば売れるかを考える

・収集したデータから判断する

これらは前時代のマーケティングです。

ドラッカーは次の様に考えなさいと教えてくれます。

人々の自然なニーズに合わせて商品を提供すれば自然と売れます。

・人々は何に満たされていないのかを探る

・人々は何を買いたいのかを探る

・顧客が必要とする価値を探る

・社会の現場に足を運んで観察することが重要

マーケティングによって、すでにあるニーズを満たすだけだとすぐに厭きられます。

それどころが全く売れないこともあるでしょう。

イノベーションによって、新しい価値を創りだし、

新しい顧客を創らなければなりません。

ここにも「顧客の創造」というフレーズが出てきます。

 

★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★

知人に本メールをご紹介をいただく際には
下記の登録フォームをご利用下さいませ。

メルマガ登録はこちらから

★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★

PAGE TOP