INFORMATION

【第207号のテーマ】 宣伝(広告)は正義

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【第207号のテーマ】 宣伝(広告)は正義

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回も松下幸之助氏ネタです。

小売業から広告業へ転職を決めたフレーズがこの「広告は正義」です。

*********************************************************************************

真実の姿の宣伝

経営においても真実あるのみ、

実質以上のことを宣伝してはならない。

そもそも宣伝の許されるのは唯一の場合である。

すなわち真実の姿の宣伝である。

この商品はどうしても世間で使ってもらう必要がある。

効果があって便利であることを早く知らせたいときに、

初めて宣伝は許されるのである。

決して誇張であってはならない。

あくまでも正義でなければならない。

(昭和20年1月1日 松下電器経営方針発表会)

*********************************************************************************

幸之助氏は「良いものは自然に知れていく」という考え方と

「良いものであれば、早く知らせてあげることが親切」という両方の考え方を持たれていました。

「儲かるから広告するのは邪道」とも言われています。

私が小売業から広告業へ転職した一番の理由は、

より良いものをよりたくさんの人に届けたい

ということが動機でした。

ありとあらゆる業界の広告に携わりましたが、そのすべてで

氏の

宣伝(広告)は正義

で向き合ったと思います。

ですので、この広告はお受けできかねます、と答えたこともあります。

今でも覚えているのはダイエット系の広告です。

断ると

社長を呼んでこい!

と怒鳴られました。

しかし、Beforeの写真を加工してAfterの写真にしてはダメでしょう!

大きな売上でしたが、幸之助氏に叱られたくありませんでした。

 

★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★

知人に本メールをご紹介をいただく際には
下記の登録フォームをご利用下さいませ。

メルマガ登録はこちらから

★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★

PAGE TOP