INFORMATION

【第210号のテーマ】 報連相

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【第210号のテーマ】 報連相

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

報連相が下手な会社では、

ミスクレーム

工程遅延

やり直しによる無駄

など収益ややり甲斐をマイナスに引っ張っています。

何故でしょう?

当然です。

報連相が下手=自己中心

だからです。

自己中にお客様や仲間が微笑んでくれる筈がありません。

神様だって、手を差し伸べてくれるのは後回しにするでしょう。

報連相とは何のために行うのでしょうか?

一般的には、

報告や連絡・相談による情報共有により、状況の把握とそれに伴う指示を

適切にかつタイムリーに行うことで、生産性を高める

ために行います。

自己中だとダメなのが解りますよね。

上記をより効果的に行うためには報連相の

量と質

が重要となります。

当たり前のことですね。

では、報連相がうまくできない会社は何が不足しているのでしょうか?

実は

気配り

なのです。

会社組織で働くということは、他部署や仲間の手をお互いが借りるということです。

彼らは自分にとって

第二や第三の頭脳や手足となります。

その頭脳や手足は自分とは直接神経で繋がっていないので

報連相

が必要です。

その際に、気配りがある報連相と無い報連相では

どちらが「気持ちよく」動いてくれるでしょうか?

忘れてた!急いでお願いします!

気にしないで~、お互い様だから!

忘れてた!急いでお願いします!

またかよ~! いい加減にしろ!

御社ではどちらの会話が多いでしょうか?

報連相が上手=気配り上手

だと思います。

気配りが報連相の

量と質

を高めます。

最後に・・・

報連相で一番多く口にすべきは

ありがとうございます。

です。

★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★

知人に本メールをご紹介をいただく際には
下記の登録フォームをご利用下さいませ。

メルマガ登録はこちらから

★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★

PAGE TOP