INFORMATION

【第231号のテーマ】 コンプレックス

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【第231号のテーマ】 コンプレックス

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近、周囲にコンプレックスを抱えている人が増えた気がします。

若い頃は、

足が太い、

鼻が低い

といった身体的なコンプレックスをよく耳にしていましたが、

社会に出てからは

ミスを繰り返す

何度言われてもできない

集中力が続かない

といった仕事の生産性に関するコンプレックスを聞きます。

コンプレックスを抱えている人に聞きたいのですが、

コンプレックスは

悪やマイナス

なのでしょうか?

コンプレックスを持たない人を一人も知りません。

人は自ずとコンプレックスを抱えるモノでしょう。

誰もが人に知られたくないコンプレックスを抱えています。

そのコンプレックスを克服しようとしています。

克服できた人が、一皮むけて、以前より逞しくなっていきます。

コンプレックスを抱える人に、

誰でも同じ様に抱えているよ

気にする必要ないよ

もっとこういう考えで、このようにしたら?

とアドバイスをしても

それを聞くか、聞かないかはその人次第です。

すなわち、コンプレックスは自分で対峙するしかありません。

コンプレックスを口にする人は、口にすることで

自分の逃げ場を作っているのでは無いでしょうか?

周囲にすがり、許されようとしているので無いでしょうか?

そう思うことが多々あります。

言わば、自分や周囲から免責を得ようとしているのかも知れません。

すぐれた能力が自分を強くし、育てることもありますが、

コンプレックスの方がより自分を強くし、育てると思います。

★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★

知人に本メールをご紹介をいただく際には
下記の登録フォームをご利用下さいませ。

メルマガ登録はこちらから

★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★

PAGE TOP