INFORMATION

【第400号】 御社のチームワークは小学生に勝っていますか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【第400号】 御社のチームワークは小学生に勝っていますか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

テレビ朝日で1996年より2009年まで、

小学生クラス対抗30人31脚

という番組があったことを覚えていらっしゃいますか?

30人による31脚で、男女混合で50メートル先のゴールを目指すという競技です。

地方大会も含めたギネス記録は

2005年愛媛県松山市の石井東小学校6年3組が記録した

8秒80

です。

因みに50メートル走の平均タイムは2017年の文科省の公式データによると

小学6年生 男子 8秒79

同 女子 9秒12

皆さんも2人3脚をやったことがあると思いますが、

一人で走るよりも「絶対遅い」ですよね。

それが30人31脚になるとどうして、

個人記録と同等か女子ではそれを超えるのでしょうか?

30人31脚の場合、自分の足をコントロールできるのは両端のみです。

他の人は自分のペースではなく他人のペースに併せるしかありません。

他人のペースに併せるためのスタイルにポイントがあります。

自分の右手は右隣の人の右肩にのせて、押してあげる形になります。

左手は左隣の人の腰に回して、引っ張ってあげる形になります。

すなわち、早い子は遅い子を引っ張ってあげる。

遅い子は早い子に引っ張られながらも何とかついて行く。

両隣が両隣を走りながら支えています。

これにより、個人の能力の格差がなくなり、

チーム全体の能力が高まります。

練習によって、遅い子が早くなればなるほど、チームは早くなります。

そして、一人ひとりが早くなればチーム全体が早くなります。

誰か一人が手を抜けばチームは遅くなります。

皆の苦労を無にします。

ダラダラやるとケガをします。

皆さんの職場のチームワークは30人31脚に挑戦した小学生以上の

チームワークとなっていますか?

追記

30人31脚で検索するとyoutubeにたくさん出てきます。

★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★

知人に本メールをご紹介をいただく際には
下記の登録フォームをご利用下さいませ。

メルマガ登録はこちらから

★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★

PAGE TOP