現場力倍増メルマガ

【第592号】 コンピュータと意思決定

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【第592号】 コンピュータと意思決定

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Windows95が発売されて25年強が過ぎました。

今やビジネスシーンはスマホやタブレットも含めて

コンピュータ無しでは成り立ちません。

WordとExcelが使えることが仕事をする上での基本として要求され、

Internetにある膨大な情報から必要な情報を探し出し、

それをPowerPointにまとめ、テレビ会議でプレゼンをする・・・

一部の人の特殊なスキルが今は普通に要求されます。

時々思います。

私たちはコンピュータを使っているのでしょうか?

それとも使われているのででしょうか?

事務職や企画職の人は1日の大半をコンピュータに向かっていると思います。

コンピュータが無い時代はそれを手作業でやっていました。

その頃に比べて、仕事量は増えているでしょうか?

それとも減っているのでしょうか?

製造工程の人は、最初に工程をコンピュータに入力しないと

前に進めず、いろんな部署が混乱します。

そして納品書や受領書、配送伝票を出力しないと納品も検収もできません。

コンピュータはプログラムにデータを投入すれば、

あとは誰が入力しても論理的に「疲れた」も「厭きた」も言わずに

仕事をしてくれます。

しかし、入力しなければ何もしません。

また、1,000を10,000と入力ミスしても余程AI機能が発達していない限り

間違いを勝手に正してはくれません。

入力したこと以上、学習したこと以上はできません。

このようなコンピュータを動かすために、

どれだけの手間暇をかけているでしょうか?

更に目は疲れ、肩は凝り、鬱気味になります。

コンピュータってどうよ!

とIT会社の社長の癖についつい思ってしまいます。

反面、人間は素晴らしいです。

細かい指示をしなくても耳打ちだけで「大丈夫です。やっときます」

「○○君!あれやっておいてね」と言えば「○△×の件ですね。大丈夫です」

「工程管理上は明後日納品だけど明日できないかな?」と言っても「大丈夫です」

このように適当な情報や無理難題も「大丈夫」と返してくれます。

大丈夫でないときは「ダメです」「もう少し妥協できますか?」「○○があれば」

などの否定や提案があります。

コンピュータは大丈夫もダメも代替え案もありません。

もう一点、コンピュータには任せられないことがあります。

それは

意思決定

です。

コンピュータは膨大なデータを処理し、情報を見せてくれます。

例えば、天気予報などはデータを情報処理して、予報として示してくれます。

その予報を見て、人は「週末は天気が良いから家族で行楽ドライブに行こう」

と意思決定しますが、

「アレクサ、週末の天気は?」

「週末は天気が良いから、家族でドライブに行かれたらどうでしょうか?

半年前に行かれたきりなので、そろそろ行かれた方が良いと思います」

と提案してくれるでしょうか?

もし提案してくれたら「ありがとう」と言うべきなのか

「うっせ~」と言うべきなのか・・・。

コンピュータが日常の中で情報提供の重要なポジションにあり、

提示された情報に対して、それに向き合う機会が最近は特に増えています。

自分の判断で意思決定すべきなのに、レビューやイイネの数で意思決定

している場面も増えてきました。

人生において意思決定した責任を取るのは、ご自身です。

コンピュータや赤の他人のレビューやイイネではありません。

コンピュータに任せるもの、ご自身の意思で決めるもの

これを明確にしないとコンピュータによって流される時代になっています。

☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆

メルマガ登録をよろしくお願いいたします。
メルマガ登録はこちらから

また、知人に本メールをご紹介をいただく際には
下記アドレスをご案内下さいませ。
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=afspwg

メルマガバックナンバー一覧はこちら
https://km.kando-m.jp/news/

★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆

PAGE TOP