現場力倍増メルマガ

【第703号】  一国は一人を以て興り、一人を以て滅ぶ~蘇老泉~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【第703号】  一国は一人を以て興り、一人を以て滅ぶ~蘇老泉~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一国は一人を以て興り、一人を以て滅ぶ

この言葉は中国の哲学者である蘇老泉の言葉で、意味はそのままです。

「国」の箇所を「企業」に置き換えて読んでください。

創業者は最初の一人ですが、最後の一人でもあります。

自分のやりたいことを一人で始め、それを応援する仲間が少しずつ増え、

このままいくと更なる発展を見込まれても

自分自身の判断の間違いで、急降下し、立て直しが難しい状況になると、

手伝ってくれた大切な仲間との縁を切る、

というもっともしたくないことをしないとなりません。

そんな断腸の思いをしても会社が立ち直れば、まだ救われます。

しかしながら、更に沈んでいき、倒産となったときに

たった一人でその処理をしなくてはなりません。

一国は一人を以て興り、一人を以て滅ぶ

この言葉は、経営者にとって大きな戒めとなる言葉であると同時に

従業員も、経営者の新事業の取り組みや方針は

この責任の下に下している判断であることを忘れてはならない!

と肝に銘じて欲しいです。

中国の歴史家 司馬遷が史記において、

燕雀(えんじゃく)安(いずく)んぞ鴻鵠(こうこく)の志を知らんや

と記述しています。

後に中国の楚王となる若い陳渉が大志をもっていることに対し、

雇い主がその大志を嘲笑しました。

そのことを司馬遷が

取るに足らない小人物には大人物の考えや大きな志はわからない

と言ったのです。

従業員が社長の考えを理解し、社長を支えようとしたなら、

司馬遷に叱られません。

ところが、社長の考えや判断を「何を言うてるんや~」となれば

陳渉を馬鹿にした小人物となってしまいます。

松下幸之助氏が「社員稼業」という言葉を使っています。

社員は社員として、自分の果たすべきことを果たしなさい

ということです。

支え合う

これが社長と社員の関係性です。

☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆

メルマガ登録をよろしくお願いいたします。
メルマガ登録はこちらから

また、知人に本メールをご紹介をいただく際には
下記アドレスをご案内下さいませ。
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=afspwg

メルマガバックナンバー一覧はこちら
https://km.kando-m.jp/news/

★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆

PAGE TOP