ブログ

会議開始、終了時の挨拶、礼節はきちんとされていますか?

挨拶、礼節をないがしろにする企業はありません。仮にあったとしても、企業としての命は短命でしょう。

学生から社会に出て、一番最初に受ける研修は「挨拶」「礼節」「身だしなみ」だと思います。

何故、それらが必要なのか?

礼儀・礼節は、相手を敬っていることの「見える化」だと思います。お互いにきちんと挨拶をすることで、お互いが相手を尊重していることが解ります。気持ちの良い瞬間です。

逆に、挨拶を怠る=相手を軽んじていること、になります。当然、相手は不快となり、良い関係にはなりません。

人間関係やその人の考え方が見える形が「挨拶」「礼節」「身だしなみ」でしょう。

だから、企業はこれらを大切にします。

ところが、企業の運命を決める話し合いの場である会議において、挨拶、礼節が守られない場面を時々見かけます。

遅刻、欠席の連絡が無い。

遅刻、欠席が平気で許される。

会議開始時に「起立」「礼」「よろしくお願いします」で始まらない。

起立時に椅子を机に入れない。

礼がきんとした「分離礼」になっていない。

※分離例とは先に挨拶を言い、そのあとでお辞儀する礼の仕方を言います。

※挨拶時に経営理念やゴールドスタンダードの唱和をする会社が最近は増えてきました。

冒頭に今回の会議の目的と会議主催者の思いを語っていない。

休憩時でも無いのに、断りもなく電話やトイレに立つ。

人の発言中に隣とひそひそ話をする。

人の意見に首を傾げたり、舌打ちをする。

手を挙げて発言をしない。

人を罵倒するような言葉を投げつけたり、態度を取る。

休憩時に入る前に「起立」「礼」「ありがとうございました」の節目が無い。

休憩からの復帰に「起立」「礼」「よろしくお願いします」の挨拶が無い。

会議終了時間が守られない。

などなど

このような会議には威厳がありません。威厳のない会議での決議は軽んじられます。

威厳ある会議にすれば、決議にも重みが生まれ、自然に実行に向けて、気が引き締まるものです。

関連記事

  1. 数字が上がるチームと上がらないチーム
  2. 関西APRA7月例会「株式会社シンコーメタリコン様の評価制度を学…
  3. チームワークはコミュニケーション
  4. 今、行われている会議は、必要な会議ばかりですか?
  5. 伊部株式会社(SINACOVA)様が堂々の1位
  6. 関西APRA2021 2月例会
  7. 【関西APRA_8月例会】株式会社Healing Hand様
  8. 営業力と観察力 その2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP