ブログ

会議終了後、参加者は会議に満足していますか?

会議への不満で良く聞くのは、「非生産的」、「時間が長い」、「こんな会議はやっても意味がない」の3点です。

メールではなく、集まって会議を開く目的は「情報共有」「意見交換」「より良い決定事項にする」「決定事項への意思等統一」などになると思いますが、「何も決まらず」「何もやらない」という会議になってしまうと、参加者は「何をするために集まったんだ!」と不満を抱えて、戻ることになります。

集まる前よりもモチベーションが下がるこのような会議はやらない方が良いでしょう。

ですから、会議主催者が第一に考えることは、会議終了時に会議参加者が満足していること。すなわち「やる気に満ちた表情にするために会議をどう組立て、演出していくか!」になります。

会議の目的を達成でき、建設的な議論が繰り広げられ、新しいアイデアが生まれる会議。決議事項にワクワクする会議。自分の出した意見に良い評価を貰い、更に皆の意見が加わることで、より良くなった!

こんな会議にしてください。

以上

関連記事

  1. 会議参加者は本当にその会議に貢献していますか?
  2. 【関西APRA_10月例会】共立運送株式会社様
  3. コミュニケーションの手段は相手に合わせる
  4. 正栄工業様【共有会 第二回】
  5. 「業績向上活力会議」blog 開設のご挨拶
  6. 「癒される」という言葉の意味
  7. すべての会議はその目的が明確になっていますか?
  8. プロジェクターを使い、参加者の視点をフォーカスしていますか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP