ブログ

正栄工業様【共有会 第二回】

2月4日(土)は正栄工業様の全社研修「共有会」の研修講師をつとめました。

今回のテーマは2つ。

一つは「プロ意識を持って仕事をする」、

もう一つは「ミス・ロス・クレームを削減させる」です。

「プロ意識を持って仕事をする」については、NHKのプロフェッショナル「仕事は体で覚えるな~文化財修理技術者 鈴木裕氏~」の映像を使った研修で、「やり直し」のできない文化財を修理する職人の「心構え」「心配り」「高度な技術」について学びました。

第二のテーマでもある「ミス・ロス・クレームを削減させる」にも繋がりますが、やり馴れた作業ややり直しができる作業は、新鮮な気持ちで向き合いにくいモノです。それがミス・ロス・クレームに繋がる可能性を秘めています。

今回の映像研修はみんなにとって新鮮だったようで、身を乗り出して、食い入るに見ていました。

最近は新しい取引先から新しい仕事を受注し、新しい技術やノウハウを身に付けようとされています。そのため、産みの苦しみのように「ミス・ロス・クレーム」も増えました。

そこで今回の研修となり、映像研修の後はグループ討議で

「自分と自部署のプロ意識~どんなプロにならないとならないか~」

「プロとして、ミス・ロスを3分の1以下に減らすためにはどうすれば良いか?」

の2つを話し合い、発表しました。

「考え方(あり方)」に重きを置く人、「やり方」に重きを置く人。様々でしたが、重要なのは「やる」ことです。

「来期までの3ヶ月でミス・ロスの発生を3分の1に減らす」と決めたことをやり切る決意をもってスタートできたと思います。成果となることを心より願っています。

DSC069381633 DSC069371632 DSC069421634 DSC069941631

 

関連記事

  1. 関西APRA8月例会「正栄工業株式会社様ベンチマーク」
  2. チーム目標達成の仕方(その2)
  3. 関西APRA6月例会「伊部株式会社様ベンチマーキング」
  4. 会議のあるべき姿について
  5. 会議にはその会社の真の姿が「見える化」された場である。
  6. 生命と命は違う、生きる力と生きて行く力は違う
  7. 次回の会議の開催日程は明確になっていますか?
  8. 会議の生産性が高まらない理由について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP