ブログ

【関西APRA 2018年11月例会】株式会社てんてん様

11月例会のベンチマーク先は株式会社てんてん様で居酒屋甲子園で全国2位の企業です。

今回のベンチマークが初受入となります。

また関西APRAメンバーにとっても飲食業界のベンチマークは初体験で、今回は8社16名の参加でした。

BooBooキッチン長居店、満マル長居店、スタンド酒場、居酒屋てんてんの4つの業態全てを見て回りましたが、今回の環境整備点検を受け入れる店舗はBooBooキッチン長居店、満マル長居店になります。

環境整備に取り組まれて半年程度で、私が準備状況を確認に伺った2週間前には、まだまだ出来ていない箇所が多数あり、ベンチマークの受入がちゃんとできるのか不安でした。前日にも様子を見に行きましたが、2週間前からは大きく進化している様子も無く、明日は過去に無く低い点数かも知れないという思いもありました。

飲食業の場合、仕込み、営業、片付けと明日の準備、というサイクルが日々の仕事となります。またてんてん様は定休日もなく、営業中はお客様もいらっしるため、どうしても早朝や深夜という限られた時間に環境整備を行うしかありません。更に、パート・アルバイトのシフトは営業時間が主となるので、彼らに手伝って貰うにも限りがあります。

前日の状況確認時に、進展させたくても進展できない状況を改めて感じながら、店を後にしました。

ところがベンチマーク当日の2店舗は、昨日指摘した数々の不備箇所のほとんど全てが完璧に仕上げられていたのです。

店長に確認したところ、両店とも他店のメンバーが営業修了後、応援に来てくれた。店舗メンバーは徹夜で仕上げた。またパート、アルバイトもいつもよりだいぶ早く出てきて、最後の仕上げをしてくれた、とのことでした。

恐るべきチームワークと取り組み姿勢です。

環境整備は「日々、薄紙を重ねるごとく」が基本ですから、前日に徹夜は「あかんやろ!」の批判もあるかも知れませんが、徹夜してでも受入準備をするという「ぎりぎりの頑張り」は高く評価できると思います。

店長が「何とか間に合わせたけど、こんなことではダメです。準備の時間はたくさんあったのに、計画的にさせていませんでした」と反省をされていました。真剣に取り組むから、このような学びが産まれます。良かったです。

今回の採点は78点。初回にしてみると良い点数と思います。来年も受入ると宣言されました。目標は90点越えとのことです。集中力がある企業なので、可能な様に思います。頑張って下さい。

それではいつものように写真を使って解説をします。

最初はBooBooキッチン長居店からスタート。台湾からテレビ取材が来る人気店舗です。今後、国内外にFC展開を予定されています。

各社毎に用意されたウエルカムボード。豚のオブジェがカワイイです

左はグッドフェローズ様用。明石大橋を書くのは結構大変だったと思います

テーブルには企業名が入った手作りの表示と名札があり、迷わずに座れます

ウエルカムティー。フルーツのシロップ漬けが入っています

今日のベンチマークの内容と株式会社てんてんの経営理念等が書かれています

いつものように関西APRAの久保代表よりご挨拶

株式会社てんてん 代表取締役 中島一薫氏よりご挨拶と会社紹介

株式会社てんてんの業態戦略とドミナント戦略は本当に素晴らしいです。今回のベンチマーク2店舗は徒歩1分の距離にありますが、業態が違うのでバッティングはせずに、棲み分けができています。繁忙期には互いのスタッフが応援に出れます

BooBooキッチン長居店 廣田店長から自店の環境整備への取り組みを発表

続いて、満マル長居店 蛯原店長から自店の環境整備への取り組みを発表

環境整備に取り組んだばかりなので、まだオリジナルの創意工夫は少ないですが、その中でもこれは秀逸です。百均で買ったフレームにホームセンターで買った床材を貼って定位置化をされています。多くの企業がブルーのウレタンシートを使っているのですが、お客様の目に触れる箇所だけにこの工夫は素晴らしいですね

テプラの角を丸めて、剥がれにくくするのは伊部様からの学びの実践です

定位置化+マニュアルの組み合わせ表示

こちらも同様です。またタイマーを取ると下から、かわいい定位置表示が表れます

在庫管理と発注システムをこれから進めていく予定です

こちらはシステム化されたストッカー内です

ディスプレイです。額の裏側には伊部様からの学びである「シール」が貼られ、額のズレがすぐに解る様になっています

満マル長居店の店内の様子。昨日からかなり整理整頓が進んでいます。

店内が広いため、なかなか環境整備も大変です。至る所に手書きのPOPやメッセージが貼られています

経営理念です

ゴールドスタンダード

ゴールドスタンダード(その2)

居酒屋業態の店舗紹介です。創業の店「居酒屋てんてん」と「屋台居酒屋満マル」。満マルは4店舗あります

豚農家直営 「肉バル」 スペアリブと蒸し野菜の店 「BooBooキッチン」は2店舗。雑誌にもよく掲載されます

坪あたりの売上が驚異的な新業態「スタンド酒場」。写真はありませんが、飲食事業以外に「学食事業」を2箇所。更に「スィーツ事業」もされています

2007年は5千万円の売上でしたが、10年後には13店舗約5億円の企業となりました

満マルの成功は「業態の素晴らしさ」。これに居酒屋てんてんの「人の素晴らしさ」をミックスさせることで「最強」ではなく「無敵」な企業を創ろうとされています

業態とドミナントがてんてん様の2大戦略ですが、10年続いた社内勉強会「てんてんアカデミア」が人を育てるもっとも重要な取り組みです

てんてん様の人づくりのための勉強会はこのように多岐に渡りますが、「てんてんアカデミア」は本当に素晴らしい教育システムです。アルバイトが主体的に運営する相互勉強会ですが、毎回30名が無報酬で月に一回勉強のために集まります。一回の勉強会のために準備に中心スタッフ(アルバイト)は五~六回集まるそうです

アルバイトが友人に一緒に働こうと声を掛けてくれます。そのアルバイトが正社員と成長してくれます。またお客様が一緒に働きたいと社員になってくれます。凄いですね

てんてん様の未来です。ここに向けて確実に進んでいます

 

関連記事

  1. 【関西APRA 2017年9月例会】税理士法人 合同経営会計事務…
  2. 【関西APRA 2017年8月 アサヒ・ドリーム・クリエイト様
  3. 知覧ツアー「富屋旅館宿泊、知覧特攻平和館見学他」
  4. 【関西APRA 2019年2月例会】 アサヒ・ドリーム・クリエイ…
  5. 【関西APRA 2018年4月例会】伊部株式会社様
  6. 【関西APRA 2017年12月例会】正栄工業株式会社様
  7. 【感動企業体験会】関西APRA 伊部株式会社様
  8. 【関西APRA 2017年7月例会 カンコン関西予選】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP