INFORMATION

【第228号のテーマ】 怒られた時にすべきこと

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【第228号のテーマ】 怒られた時にすべきこと

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

叱ると怒るの使い分けが難しいのは皆が承知していることだと思います。

わかっちゃいるけど、

感情の先走り

を止めれない、ということでしょうね。

アサヒ・ドリーム・クリエイト株式会社の橋本英雄代表が毎日配信されている

年中夢求!ヒーローチャンネルでも

【あなたはどっち⁉】全然違う!叱り人と怒る人

として取り上げておられます。

本メルマガでも何度か取り上げています。

第42号 怒る、叱る、褒める

【第42号】【怒る、叱る、褒める】現場力倍増メルマガ

第101号 怒ると叱る

【第101号】【怒ると叱る】現場力倍増メルマガ

今までは「叱る側」の心得を伝えてきましたが、

今回は「叱られる側」の心得について書きます。

私も経験ありますが、「叱られている」と時間が経てば理解できるのですが、

その真っ最中は

また、何か言うとるわ! 鬱陶しい

なにを感情的になっているの! うるさい!

と思うことがあります。

叱ってくれている上司が

怒るではなく、叱っているにも関わらず、受け手が

怒っている

と受け取っています。

もし、この時に相手が怒っていても

怒られるようなことをした自分のことを忘れてはなりません。

相手がそういう感情になった、要因は自分にあります。

これを忘れないで欲しいです。

幼い頃から、

自分に非があるのであれば、素直に謝りなさい、

と育てられた筈です。

この時に

わかっちゃいるけどできない

と思わず、自分の中の

何が邪魔しているのか?

を考えて見ましょう。

その感情は、怒っている相手ではなく、怒られている自分の中に有るモノなので、

怒っている人にはどうしようもないです。

叱られても怒られても

ありがとうございます

と思えば、自分の中の何かが邪魔をすることはありません。

何時いかなる時も

感謝

がいろんな事を解決してくれます。

★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★

知人に本メールをご紹介をいただく際には
下記の登録フォームをご利用下さいませ。

メルマガ登録はこちらから

★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★

PAGE TOP