ブログ

参加者の事前準備に対する「指導・監督・助言」の重要性

人間くさいと言うのかも知れませんが、準備をきちんとやる用意周到な人よりも、準備に手が回らない、不足がち、もしくは手抜きをする(せざるを得ない)人が多いようです。

わざと手抜きしようとしているのでは無い事はよく解っています。多くの人が目の前の業務に追われて、準備をしなくてはならないことが解っていても、手が付けられずに、ついつい(後ろ髪を引かれる思いで)「やっつけ仕事」になりがちなのだと思います。

しかしこれを直さなければ、会議は変わりません。すなわち、その企業の目標達成は100%にはならないのです。

会議当日、参加者から「準備できていません」と言う声を聞くことがあります。その瞬間に会議参加者のモチベーションが下がります。まず、上司が「なんでやっていないのだ!」と叱ります。そして、ちゃんと準備してきた参加者が「私は忙しい中、準備したのに・・・」とつぶやいたりします。場の空気が悪くなるだけです。

これを避けるために、準備段階を「指導・監督・助言」することが重要なのです。

まずは、準備段階を「指導・監督・助言」する人を設けます。会議主催者とは別の人を選任し、主催者と会議開催日まで、いろいろ打ち合わせをし、会議の成果を導き出す事が主務となります。

参加者に対する「指導・監督・助言」は開催案内が配布された時点が出発点となります。参加者が「会議の開催目的や議題を理解しているか?」「事前課題や配付資料への疑問点は無いか?ちゃんと用意できそうか?」「自部署や自分の業務の状況を説明するための資料は何がいるか?その用意はできたのか?」などを確認し、「指導・監督・助言」を行います。

会議当日に「資料を読んでいない」「事前準備ができていない」という参加者がいたら、本人の責任だけではなく、「指導・監督・助言」者も連帯責任を負います。

「指導・監督・助言」者も忙しいし、「指導・監督・助言」してもちゃんと動いてくれない場合があります。特に、年長者がモタモタしていたら、それを「指導・監督・助言」するのは結構POWERが要ります。

ですが、このような経験を「指導・監督・助言」者と「組織」の両方が積むことで「約束を守る」そして「準備をしっかりと行う」企業文化が育まれていきます。また、この文化は会議だけでなく、様々な委員会やプロジェクト活動、またチームを目標へ引っ張っていくリーダーシップの発揮など、企業活動の様々な場面で役立ちます。

以上

指導・監督・助言」者

関連記事

  1. 正栄工業様【共有会 第二回】
  2. 会議開催案内には持ち寄る事前課題や必要資料が明記されていますか?…
  3. クラシックコンサート
  4. すべての会議はその目的が明確になっていますか?
  5. 【関西地区9月例会】共立運送株式会社様
  6. 会議と報告連絡会は違う
  7. 会議決議事項の実行責任者へのサポート
  8. 関西APRA6月例会「伊部株式会社様ベンチマーキング」
PAGE TOP