ブログ

会議終了時のゴールイメージを持って、会議をしていますか?

会議開催に目的があることは前回のブログで書きました。

今回は「会議のゴール」についてお伝えします。

「会議のゴール」とは「会議の目的を達成することができる、具体的な結論を出すこと」です。

目的(議題)とゴールは必ずセットになります。そしてゴールには「具体的な結論(施策)」が付随します。具体的な施策が無いと目的を達成できません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【目的(議題)】

四半期の事業部売上目標を達必達させる。

【ゴール】

目標達成に繋がる具体的な施策を3つ出す。特に弱味を強味とする施策を考える。

【施策】

①成約率を20%から30%に上げるための「ロープレ」を○月○日までに実行する。

②HPからの問い合わせ件数を○件から○件に増やすために、サイトの見直しを○月○日までに実行する。

③○月○日開催の「○○○見本市」に出展し、新規顧客を○件獲得する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゴールを決めずに話し合うと各自が勝手に話を進めてしまい、目的達成に繋がらない話に終始する事があります。雑談では無いけれど、本筋とは少しかけ離れた話で盛り上がることもあります。ですが、割と意見が活発に出てくるので会議が活性化している気分にはなります。

このような事では、意見の集約ができず結論に至らないことがあります。司会者はしっかりと会議をコントロールして下さい。

以上

関連記事

  1. チーム目標達成の仕方(その1)
  2. ファシリテータ(司会役)の役割
  3. 【関西APRA_9月例会】グッドフェローズ株式会社様
  4. 会議開催案内は上長の承認を得ていますか?
  5. 会議終了後、参加者は会議に満足していますか?
  6. 会議終了時に「会議のゴール」が達成したか確認していますか?
  7. クラシックコンサート
  8. すべての会議はその目的が明確になっていますか?
PAGE TOP