ブログ

数字が上がるチームと上がらないチーム

数字が上がるチームと上がらないチームの違いはどこにあるのか?

いろいろありますが、その一つに「部下とのコミュニケーション不足」があります。

部下一人ひとりと5分、10分の会話を毎日やっているか? 

10人の部下がいると毎日1~2時間の時間を取られることになります。

これを実行しているチームは数字が上がっています。

この時間を惜しんで、部下に行動させたり、自分が動いているチームは一時的に数字が上がっても、継続はしません。

数字が上がっていないマネージャーは「全くその時間が取れていないし、それを意識していない」と答えが返り、数字が上がっているマネージャーは「どんなに忙しくても部下との対話に一番時間を掛けている。忙しければ忙しいほど、対話はできなくても声を掛ける」と答えました。

リーダーの仕事は

「部下を通して結果をだすこと」

そのためにはもっともっと話をし、意思疎通をしないとなりません。

 

普段のコミュニケーションが無く、部下の気持ちも知らず、

「部下が動かない」「やってくれない」「指示はしているのですが・・・」

なんて言葉をリーダーは口にしてはなりません。

関連記事

  1. 関西APRA8月例会「正栄工業株式会社様ベンチマーク」
  2. 会議開始時間、終了時間は守られていますか?
  3. すべての会議はその目的が明確になっていますか?
  4. 会議参加者は本当にその会議に不可欠な人ですか?
  5. 連続目標達成しているリーダーの発言
  6. 会議の開催者は当該会議の責任者と事前打合せを行っていますか?
  7. 【関西APRA_2月例会】採用の最新情報の共有
  8. 連続目標達成しているリーダーの発言

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP