ブログ

砂漠で水を売るか?、エスキモーに氷を売るか?

砂漠で水を売る事とエスキモーに氷を売るのでは、砂漠で水を売る方が楽でしょう。

ところが、楽なので誰もが参入するとライバルだらけとなり、差別化できなくなります。

エスキモーに氷を売るのは誰もが難しいから、やろうとはしません。

だから、売れる方法を見つけると独占できます。

売れないのは市場が飽和しているのか、それとも売る方法がが下手なのか?

しっかりと分析をしたいですね。

ライバルが多いということは

市場ニーズが多い

ということです。

また

勝者と敗者

がいます。

勝ち組は必ず、よそと違うことをやっているはずです。

ライバル多数の中で、あたなが売る水が

特別

であれば売れます。

エスキモーに氷を売るのも実は同じです。

ライバルはいませんが、買ってくれないのは同じです。

エスキモーに売る氷が

特別

であれば、買ってくれます。

どうすれば「特別」になるか?

ここに英知を集めましょう。

「売りたい」視点から「買いたい」視点で考えることがスタートです。

その時に注意したいのは「機能」や「仕様」で考えるのではなく、その「機能」や「仕様」がお客様にとって、どのような

「ハッピーな出来事」「驚くほどの改善効果」をもたらすか!

を考えることが重要です。それが大きければ、必ず売れます。そして口コミとなって伝わっていきます。

関連記事

  1. 参加者を議論に集中させる方法
  2. 目標達成への考え方
  3. すべての会議はその目的が明確になっていますか?
  4. 会議タイトルは「どのようにしたら~」というタイトルになっています…
  5. 議事録確認にしっかりと時間をかけていますか?
  6. 会議開催案内は1週間前に配布していますか?
  7. 会議開催案内には「開催者の思い」が記されていますか?
  8. 会議にはその会社の真の姿が「見える化」された場である。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP